2005年12月17日

福井の荒波

東尋坊という地名を耳にしたことはありますか?
これはもともとは悪僧の名前でした。
あまりに酷い悪っぷりだったので、
ある日、断崖絶壁の上から突き落とされて命を失いました。
その後、49日間にわたって海は荒れ狂い、
まるで東尋坊の怒りそのものであると云われるようになり、
そのまま地名も東尋坊と呼ばれるようになりました。

さて、この東尋坊ですが、「日本にこんなところあったの???」と、
少し驚く方も多い土地です。
もっと細かく言うなら、
「日本にこれほどダイナミックな観光地があったのか!!」です。
切り取られた断崖絶壁に打ち寄せる波しぶきの高さは軽く30メートル。
その荒れ狂った波に歯切れ良く削り取られ、
「奇岩」の名を欲しいままに1kmに及んでいる断崖絶壁。
「ここに人が落ちたら絶対浮かんでこないだろうな…」
そんな確信すら覚えます。
遊覧船ではそんな断崖絶壁のふところに潜り込めます。

圧倒的な自然の息吹を感じてみたい方、お薦めです。
posted by お江戸でござる at 21:35| Comment(0) | TrackBack(2) | 東尋坊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。